2017年05月28日

いよいよ成田空港から出発

2017年5月1日(月)にいよいよ成田空港を出発しました。昨年はチェックインカウンターが激混みだったし、ゴールデンウィークなので余裕を持って空港に3時間前には到着するようにしました。

ANAのチェックインカウンター.JPG

事前にオンラインチェックインを済ませていたので、成田空港ではANAのカウンターで荷物を預けるのみ。専用のカウンターへ向かったら・・・誰も並んでおらず拍子抜け! 日本の航空会社ゆえにカウンターも多く、段取りが良いこともあるのでしょうが、昨年の某イタリアの航空会社とは雲泥の差です。カウンターの男性スタッフもとても親切で、「やっぱり日系はいいよなー」と思います。

鶏飯風だし茶漬け.JPG

思いがけず早く手続きが済んだので、久々のだし茶漬け えんでゆっくり朝ごはんを食べることができました♪ この日は、奄美大島 鶏飯風だし茶漬けを食べました。

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?
posted by カシス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年ドナウ川クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

航空券やホテルの予約

クルーズの日程が決まったら、航空券や前泊のホテルの予約です。

ANA Boeing 787-900.JPG

私の感覚値として、ゴールデンウィークのヨーロッパ往復航空券は、日欧系キャリアを利用した場合は15万円を超えるだろうと思っていたのですが、帰国日がピークを過ぎた後なのと、連休中日の平日出発にしたので、意外と安くなりました。

当初はルフトハンザドイツ航空を利用して、フランクフルト経由でブダペスト、帰国便はスイス航空でニュルンベルクからチューリッヒ経由という航空券を手配し、約12万6,000円でした・・・が、ルフトハンザドイツ航空の成田便の運休が年明けに決まり、代替便としてオファーされたのが羽田発の便でした。都内に住んでいる時だったら喜んだのですが、今の自宅からは成田の方がアクセスしやすく、しかも車で行けるのが便利なので、キャンセル料なしでキャンセルできないか交渉したところ、エクスペディアの方が頑張ってくれてキャンセルが成立しました。

で、予約を取り直したのは・・・ANAのデュッセルドルフ経由ブダペスト、帰国便は同じくスイス航空の航空券で少し値段が上がって13万円弱でした。ヨーロッパ便事情に疎くなっていたのですが、今は羽田発が増えていて、ANAはデュッセルドルフとブリュッセル便しかなくてビックリしました!

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?
posted by カシス at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年ドナウ川クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ドナウ川クルーズを予約する経緯


ヴァッハウ渓谷.JPG

さて、いよいよドナウ川クルーズについて、本格的に書いていきたいと思います。今回の旅行先にドナウ川クルーズを選んだきっかけは、「今回が最後の海外旅行(らしい)だから、ヴァッハウ渓谷を通るドナウ川クルーズへ行きたい」という母の希望でした。私としてはアザマラで乗りたいクルーズがありつつも・・・今回も母からの資金援助があり、ヴァッハウ渓谷は私も一度行ってみたい場所であったので、有難くプランに乗っかりましたw

ドナウ川クルーズは、春から秋にかけてがシーズンであり、またクリスマスの時期もありますが寒い時期は嫌だし、ヨーロッパの夏休みにあたる時期は金額も高いし、そもそも母は暑いのが嫌いというわけで、春(5月の連休)か秋(9月か10月の連休)で検討したのですが、秋は日が短くなる割には春との価格差があまりなく・・・2017年はゴールデンウィークの並びも良く、続けて休みが取りやすかったので、ゴールデンウィークに決めました!

ゴールデンウィークに決めた以上は、早めに色々な予約を進める必要があるので、昨年の10月くらいから準備を進めていました。本命で考えていたのは、日本でも比較的知名度の高いヴァイキングリバークルーズだったのですが、5月上旬にはヴァッハウ渓谷の目玉とも言える、ヴァッハウ渓谷に寄れるコースがなく、まずここで一旦躓きました。実際にドナウ川クルーズに出たら、ヴァイキングリバークルーズの最新の船がとても立派でして・・・いつかは乗ってみたいかな。

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?
posted by カシス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年ドナウ川クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

エミレーツ航空 EK162便とEK318便の機内食

さて、ロンドンに来るときの機内食もなかなか美味しかったのですが、ダブリンから成田に帰国するまでに3回食べた機内食もこれまた良かったです。少し遠回りにはなるけれど、ヨーロッパ行きはエミレーツ航空を定番にしたいくらいです。

エミレーツ航空 EK162便の機内食.jpg

まずは、EK162便 ダブリンードバイ間の機内食です。時間としてはランチになると思います。ローストビーフ風の牛肉とカレーのチョイスだったので、迷うことなくカレーにしました!

前菜:ビーツの根とサーモンのマリネ(Beetroot salmon gravadlax)
メイン:チキンカレー(Chicken curry)
デザート:レモンチーズケーキ(Lemon cheesecake)

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?

2017年05月17日

ダブリンから帰国へ

朝食後は荷物を整理し、ホテルのすぐ近くにあったバス停から空港行きのバスでダブリン空港へ向かいました。空港は街の中心部からそんなに離れておらず、30分かかりませんでした。

ダブリン空港.jpg

首都にある国際空港だけあって、そこそこ立派な空港でした。ベルファストの空港が小さかったからこそ、尚大きく感じたのかもしれません。エミレーツ航空は1日1便しかないのに、けっこう広めのスペースを確保していました。

ちなみにアイルランドは出国審査がありませんでした。イギリスも出国審査がなく、しかも陸路だったのでアイルランドの入国審査もなく・・・イギリスにオーバーステイ扱いになっていないと良いのですが(-_-;) EUではあり、通貨はユーロなのに、シェンゲン協定には非加盟だったんですね。

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?