2008年12月09日

寄港地:グランドケイマン

ルビープリンセスの西カリブ海クルーズ4日目、
イギリス領グランド・ケイマンに寄港。テンダーボート利用の上、
風が強く、もれなく波も高く、さらにグランドケイマンならではの事情も。
グランドケイマンの送迎船
グランドケイマンでは主にこの船で上陸します。
同じタイプの船を3隻チャーターしないと、クルーズ会社のテンダーボートは使えません。
クルーズ会社によっては、自社ボートを使っていませんでした。

ルビープリンセスのテンダーボート
プリンセスクルーズはちゃんと3隻チャーターしているので、
自社のテンダーボートも使用し、乗客の利便性を優先してくれます。
でも、港への上陸は・・・現地の船が優先になるみたいで、
このテンダーは港の手前でだいぶ待たされていました。

3隻並んだクルーズ船
この日のグランドケイマンには4隻のクルーズ船が集結!
写真は左からカーニバルヴァラールビープリンセスノルウェージャンジュエル
もう1隻、写真にはありませんがカーニバルレジェンドもいました。

ジョージタウンの街並み
ここがテンダーボートが到着するジョージタウンの港
この日はエクスカーションに参加したので、10時に船内で集合。
無事に上陸したのは、11時を回っていました。
なんでこんなに時間がかかってしまうかと言うと・・・
船をおりる乗客の様子
船の乗り降りも一苦労なんです。
こうやってスタッフに支えられながら、タイミングを見て飛び移ります。
波が高い時などは、数分間乗下船がストップすることもあります。
これを1船につき、200人くらいがこなすので時間がかかります。
また、年配の女性や身体が不自由な方の乗下船は、
見ているこちらがハラハラしてしまうほどです。

クルーズは年をとってからでも十分と思われがちですが、
テンダーボートに乗るたびに「若いうちの方がいい!」と思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ ランキング参加中! 1日1回クリックしてね♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。