2010年03月22日

旅順半日観光で日露戦争の戦跡巡り(アジア極東クルーズ 乗船記)

東鶏冠山北保塁

アジア極東クルーズ3日目。寄港地の大連では船のエクスカーションには参加せず、個人で手配した現地発ツアーに参加して旅順半日観光に出かけました。港で日本語ガイドの甘さん(女性)と待ち合わせをし、ミニバンに乗って旅順を目指し、最初に向かったのが東鶏冠山北保塁(写真)。1899年にロシアが大連・旅順を租借した後に築いたもので、日露戦争時にはここで戦闘が行われています。

大きな穴は日本軍の砲撃による爆破跡で、その他にも小さな砲弾の跡がたくさん残っており、激戦だったことを物語っています。日露戦争の戦跡であるにも関わらず、多くの中国人観光客を見かけました。ここに旅順日露戦争陳列館が併設されており、中国の愛国教育の基地になっているからだそうです。

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。