2014年04月06日

ドイツ時間で年越し(2013年東カリブ海クルーズ乗船記)

定刻より30分近く遅れての搭乗となったルフトハンザ航空 LH463便のフランクフルト行きでしたが、初めて乗るエアバスA380ということで楽しみにしていたのですが、 座席番号ごとに搭乗の列が分けられているので、とにかく凄い数の列ができていました。ただ、ドイツ人は日本人のように規則正しく並ぶので、割り込みをする輩とかがいないのがいいですね。

LH463便 12月31日の機内

機内に入ったら、何やら飾り付けされています。なぜなら、このLH643便のフライトは年越しフライトなので、機上で新年を迎えることになるのです!! ということもいざ座席に着いたらウトウトしてて忘れていたのですが、定刻より遅れての出発だったので、マイアミ国際空港を離陸して間もなくドイツ語で何かをつぶやく人たちが増えたので、カウントダウンをしていることに気づき、あっという間にドイツ語で新年の挨拶を交わしていました♪(私、ドイツ語は全くわかりませんww)この時まだマイアミ時間では夕方でした。

本当に離陸してすぐだったので、もう少し遅れていたら上空じゃなくて、滑走路ノロノロ走行中だったので盛り上がらなかったのだろうなーと思います(^_^;)

ブログの続きを読む  船旅ブログランキングは何位?


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。