2009年03月08日

キュナードならではのサービス

6日に横浜に寄航したクイーン・メリー2 / Queen Mary 2を眺めていて、
さすがキュナードライン! と思えるサービスを目撃しました。
クイーン・メリー2のタラップ
クイーン・メリー2のタラップ
乗客が乗下船する通称・ギャングウェイです。
私たちがいつも乗船するプリンセスクルーズだとこのタラップには
屋根が付いているので、今日みたいな雨の日は大変だな・・・と思いました。

そこへちょうど見るからにお上品なご夫妻が下船してきました。
キュナードの傘
なんと! スタッフがをさしてあげます!
しかもこの傘、CUNARDカラーだし、ロゴ入り。
雨が多いイギリスの船ならではのサービスだなーと感激しました。

さて、ここで疑問が生じました。
この傘はギャングウェイに常備してあるのか、客室にあるのか?
そして同じものを売店で売っていたりはしないのでしょうか?

自分で乗って確かめてくるか・・・(笑
どなたかご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださいませ!!

↓ ブログランキングに参加中! ポチっと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ にほんブログ村 旅行ブログへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅


posted by カシス at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本寄航のクルーズ船 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっきまでずっと、YouTubeを見ていたんですが、見ましたよ、カシスさんの動画。キュナードの傘、貸し傘だと思います。
QE2に乗船したときも、見ました。日本人は、傘の準備がいいですけど、外国の方の中には、持たない人というか、持ってない人も
いるんですね。
Posted by まりんるーじゅ at 2009年03月08日 23:03
まりんるーじゅさんへ

やっぱり貸し傘なんですね。
確かに私は海外旅行へ行くとき、折りたたみ傘は欠かさないけど、
欧米の方はあまり傘は持たないで、フード付きの服で済ませますね。

来日したアメリカ人が、日本人がみな傘をさしている姿を、
面白がって写真に収めていたりしました。
Posted by カシス at 2009年03月09日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。