2010年03月11日

オーシャンプリンセスのバルコニーキャビン(アジア極東クルーズ 乗船記)

オーシャンプリンセスの船内

朝6時過ぎに自宅を出てから僅か8時間後の午後14時過ぎ、私たちは無事にオーシャンプリンセスに乗船しました。外から見た船の印象は「やっぱり小さい」でしたが、船内に入ってもうビックリ!今までの船とは全く雰囲気が違うのです。全体的にクラシックなインテリア、それでいて温かみがあり、ヨーロッパの歴史ある邸宅にでも招かれたような気分になりました。

オーシャンプリンセス キャビンの扉


すぐにでも船内散策に出たい気持ちを抑え、まずは荷物をおくためにキャビンへ。今回はDeck6の船内中央部より少し後ろよりにあるポートサイド(左舷)のバルコニーキャビン。オーシャンプリンセスはDeck5に共用施設が集まっているのでとても良いロケーションでした。写真にもあるように、キャビンの扉がなんとブルー。

オーシャンプリンセスのバルコニーキャビン

キャビン内の様子は乗船前から写真で見ていましたが、ベッドカバーやカーペット、家具の雰囲気がクラシカルで、今までの10万トン以上の客船とは別世界。そして扉のカラーと同じくブルーでコーディネートされているところもお洒落です。ヨーロッパのクラシカルなインテリアが大好きな私は、もうテンション上がりまくりでした。

次回もバルコニーキャビンの詳細を取り上げる予定です。

↓ ブログランキングに参加中! ポチっと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ にほんブログ村 旅行ブログへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。