2010年04月20日

ウラジオストクの革命戦士広場(アジア極東クルーズ 乗船記)

革命戦士広場 in ウラジオストク

ウラジオストク駅、レーニン像と見物した後に向かったのは郵便局。日曜日で銀行が閉まっているため、ここが唯一両替が可能な場所だったのです。オーシャンプリンセスの乗客にも何人か会いましたが・・・結論から言うと両替はできませんでした。なぜなら、ロシア語しか表記がなく、ロシア語しか通じなかったからです。

ロシアルーブルがない=買い物不可となったので、私たちは何の気なしに歩いていたら銅像がある広場にたどり着きました。それが写真の革命戦士広場です。

革命戦士広場 in ウラジオストク

革命と名がつくからには、ロシア革命にちなんだ銅像なのでしょう。中央に背の高いものがあり、両脇を囲むように別の銅像があります。

革命戦士広場周辺 in ウラジオストク

広場の周辺には中世風の建築が立ち並んでいますが、以前訪問したサンクトペテルブルグと比べるとスケールが小さい。このあたりはショッピングエリアのようですが、日曜日はお休みのところが多いみたいです。

革命戦士広場 in ウラジオストク

広場で見かけた制服男子集団。迷彩服を着ている人もいるのでロシア軍の兵士たちでしょうか? イケメン揃いのロシア人が制服に身を包むと・・・素敵度が20%増しに感じるのは私だけでしょうか??

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅


この記事へのコメント
私もイケメンの制服、大好きです。
どうして<制服>というのは
格好よさを倍増させてくれるのでしょうか。

会社にもいませんか??
普段会社でとっても素敵な人が
休日に集まって私服を着て現れると
「あれ?」と思うような人・・・。

この瞬間、いつも残念に思います(笑)
Posted by Emi at 2010年04月21日 14:43
Emiさんへ

こんばんはー。
制服ってどうして格好良く見えるのでしょうねえ。
本当に不思議ですよね。

会社の話もわかりますわかります。
男性のスーツ姿もきっと20%増しだと思います。
普段着ガッカリの人・・・少なくない。
Posted by カシス at 2010年04月21日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。