2010年07月28日

西地中海クルーズの下調べ(西地中海クルーズ 準備編)

オーシャンプリンセスの西地中海クルーズまであと70日です♪

プリンセスクルーズの規定ではクルーズの75日前にクルーズ代金を全額支払い、以後のキャンセルにはキャンセル料がかかってきます。支払いはUSドルになり・・・1USドル=90.4円で決済されたので円高万歳!! 円高のうちにどんどん船旅しておきたいなー。

今、通勤中にも持ち歩いて下調べをしている本がこれです。


Mediterranean by Cruise Ship: The Complete Guide to Mediterranean Cruising

地中海クルーズ寄港地の港情報、そこから観光地へのアクセス方法などが載っています。日本語のガイドブックはたくさんあるけど、クルーズに特化したものってないですよねー。


今回の訪問国はイタリア、スペイン、フランスです。
特にイタリアはクルーズの上下船地であり、他にも3つの港に寄港する予定なので、日本語のガイドブックも買ってみるつもりです。

バックパッカーだった若い頃は地球の歩き方を愛用していましたが、最近は地図が詳しい昭文社のシリーズがお気に入りです。

新個人旅行 イタリア

これを買ってみようと思っています。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅




この記事へのコメント
この本(洋書)、いいですね〜。
エーゲ海専用のものもあるのでしょうか?
私が立ち寄るところは、ディリキとかナフプリオンとか...
ちょっと(かなり?)マイナーなところばかりなので
こういう本でも取り上げられてもらえてないんだろうなぁ...(悲)

エーゲ海だけでなく、地中海クルーズも行ってみたいんです。
カシスさんのレポ、今から楽しみにしています。
モンテカルロやポルトフィーノなどに行ってみたいなぁ。
Posted by Emi at 2010年07月29日 17:17
Emiさんへ

洋書は情報量豊富ですが、写真は少ないので日本のガイドブックとは違いますよねー。
あと、寄港地の情報はcruisecriticのport of callのところに
各港の情報があって、けっこう重宝しますよ。

この本は地中海全体を取り上げていて、イタリアとギリシャが詳しいです。
ナフプリオンは比較的多く紹介されていますよ。
Posted by カシス at 2010年07月31日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。