2012年07月04日

マラッカで世界遺産歩き オランダ広場(2011年マレーシアクルーズ)

マラッカでの世界遺産巡りはポルトガル植民地時代の遺構から、今度はオランダ植民地時代のエリアに移動します。ここの距離はそんなに離れてはいませんが、やっぱり自力で歩くにはちょっとキツイかなーって感じでした。

マラッカのオランダ広場

マラッカを紹介するガイドなどでは必ず写真が使われるオランダ広場です。正面は1753年に建てられた木造のキリスト教会です。




マラッカのオランダ広場

時計塔です。こちらは1886年に建設されたそうなので、比較的新しいものになります。オランダ広場の入口にあるのでキリスト教会とともに目印になります。

マラッカのオランダ広場

ビクトリア女王の噴水・・・は、イギリスのビクトリア女王の死を悼んで1904年に作られたものなので、イギリス植民地時代にできたものなのかな?

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。