2013年02月13日

バンテ・アイスレイのレリーフ(2013年アンコールワット)

さて、バンテ・アイスレイと言えばその芸術的なレリーフの美しさで有名なのですが、確かに息を飲むような細かい模様のレリーフがたくさんありました。次々に観光客が来るため、じっくり眺める時間が持てなかったのが今思い出しても残念です。

バンテ・アイスレイのレリーフ

第二東塔門にあるレリーフ「像の聖水を浴びるラクシュミー」です。二頭の像がはっきりとわかるように浮き彫りにされているのが印象的でした。


バンテ・アイスレイのレリーフ

第三塔門にあるレリーフは「踊るシヴァ」。火葬場で行われるタンダヴァの踊りを描いたものだそうです。

バンテ・アイスレイのレリーフ

門の上だけでなく、柱の隅々にもレリーフが施されています。ただ、次から次へと出てくるので途中でお腹いっぱい気味にもなります(^_^;)

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅



posted by カシス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年アンコールワット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。