2013年05月28日

ソウル1泊3日 真夜中の羽田空港(2010年ソウル)

ソウル1泊3日ツアーは羽田空港を5/29(土)の朝5時に出発します。弾丸ツアーの集合時間は朝3時。どう考えても公共交通機関で真夜中に空港へ向かうことはできません。

22時過ぎのモノレール 浜松町駅.JPG

というわけで、私たちは前日金曜日の夜に羽田空港へ行き、空港で夜明かしすることにしました。22時過ぎのモノレールは空いていて、それでも羽田空港第一で下車する乗客はそこそこいましたが、第二まで向かったのは僅か2人!! ここで空港内連絡バスに乗り換え、国際線ターミナルへ向かい同僚と合流しました。


羽田空港の国際線ターミナルはビックリするくらい小さくて、椅子も50席あるかないか。その席を確保して、しばらくおしゃべりをしたり、途中から寝ようとしてみたのですが、なかなか寝られません。

1時30分くらいになると、どうやって羽田空港へやって来たのか? 出発客が一気に増えて折りたたみの椅子が続々と登場しました。大韓航空のソウル行きは2時30分過ぎにチェックイン、出国審査はきっかり3時から始まりました。この日は大韓航空、アシアナ航空のソウルと釜山行きがそれぞれあり、4便の乗客で大盛況。

ソウル行きは20〜30代の女性グループ中心、たまに40代くらいの主婦っぽいグループもいてビックリ。釜山は値段が安かった(1万円台)影響か老若男女の参加者がいて、小さい子連れの家族もそこそこいて、親のエゴで深夜に連れまわされる子供たちが可哀想な気もします。出国審査後は深夜にも関わらず営業していた免税店を軽く見て、眠い目をこすりながら搭乗開始を待ちました。

大韓航空 B737-800.JPG

そしていよいよ大韓航空 KE9708便に搭乗です。機材はやはり小さめのボーイング737-800でしたが、これすら満席にはなっていませんでした。CAさんは顔は・・・そこまで綺麗でもなかったけどみな長身でスタイル抜群!! まあ、目の保養にする間もなく、ソウルまでの2時間弱は寝て過ごしていました。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅



posted by カシス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。