2014年04月30日

潜入!泉の湯 Part1(2014年沖縄・台湾クルーズ/ダイヤモンド・プリンセス乗船記)

ダイヤモンド・プリンセスに新しく出来た泉の湯。結論としては利用しなかったのですが、乗船初日の営業開始前に潜入してきましたので、その時の写真を公開します。

※これから乗船される方、営業開始になると浴室内とかは写真撮影できなくなるので、乗船後すぐに見学することをお勧めします。予約も初日から受け付けていて、見学後にすぐ予約している方もけっこういました。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

泉の湯の入口です。この日は向かって左側(Starboard Side)が女湯、右側(Port Side)が男湯となっていました。内部の設備が多少異なるので、毎日入れ替わるそうです。以前から周知されているように有料のサービスとなり1時間30分で20USドルとなります。


泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

暖簾を潜って中に入ると、まずは下駄箱があります。見学時は土足でOKでしたが、利用者はここでスリッパに履き替えるようです。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

そして湯上がり処のような休憩スペースもありました。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

更衣スペースにはロッカーが並んでいました。ダイヤル式のロッカーですが、ロータススパでも使い方がわからず戸惑っている方がけっこういました。(半裸で懇切丁寧に教えましたw)

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

噂の石鹸もシャンプーもない洗い場です。昔(6〜7年前)だったらキャビンのアメニティはミニボトルだったので持ち込むこともできたでしょうが、今はポンプ式の大きなボトルになっていますからね・・・。でも、これはもしかしたら改善されているかもしれません。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

浴槽は両サイドともジェットバスがあります。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

入口から向かって右側のPort Sideには檜の浴槽もあります。Starboard Sideは見た感じではよくわかりませんでしたが、デッキプランによると石製の浴槽だそうです。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

ドライサウナは両サイドにあります。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

ミストサウナ(写真左手奥の扉内)とレインシャワーはPort Side側にあります。

泉の湯 on ダイヤモンド・プリンセス

打たせ湯はStarboard Side側にあります。

長くなってしまったので、泉の湯のオープンデッキエリアについては別のエントリーにします。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。