2014年05月25日

液香扁食店目指してウォーキング!(2014年沖縄・台湾クルーズ/ダイヤモンド・プリンセス乗船記)


阿美属の女性たち at 花蓮港

朝9時過ぎに一人で下船して歩いていたら、フェンス越しに阿美族の女性たちが手を振ってくれました。そして、写真を撮らせてくれました。とても破れないような立派なフェンス越しなのに素敵な笑顔をしてくれてありがとう(*ゝω・)ノ

ちなみに花蓮での台湾入国審査はなく、おそらく台湾の審査官が沖縄から乗船していて、船内で審査は終わっており、パスポートは預けたままで、乗客には入国印が押されたパスポートのコピーが配られました。2,000人の乗客がいると審査だけでも大変なので、船内ですべてを対応してくれるサービスは凄くいいですね!(日本帰国時も同様で、横浜の帰国印が押されたパスポートが乗船前日に帰ってきました)

花蓮の街中

事前に花蓮の中心部へ向かうバス停の場所も調べてありましたが、歩いても30分かからなそうだったのでとりあえず歩いてみました。20分弱で到着でき、まずは台湾の携帯電話会社へ行って、台湾国内で使えるSIMカードを買おうと思ったら、身分証明書が2つ必要とのことで買えませんでした。パスポートのコピーは携帯していたけど、使わないと思って運転免許証はキャビンに置き去りでした(*_*; Dropboxの中にあった免許証のコピーでは当たり前ですがダメでした・・・

でも、中華電信も台湾大哥大も窓口のスタッフが普通に英語を話せて凄いなーと思いました。日本の地方都市で携帯キャリアのオフィスに行って、流暢な英語話せる人たぶん居ないですよね(_ _;)


液香扁食店

さて、SIMカードは諦めて、ワンタンの有名店である液香扁食店へ向かいました! 朝なので混雑はしていませんでしたが、すでにダイヤモンド・プリンセスからやって来た日本人夫婦がいらっしゃいました♪ ご夫婦ともに気さくな方で、同じように歩いて来たことや、市場でフルーツを買ってきた話などを聞かせてくれました。

液香扁食店

さて、これが評判のワンタン(65台湾ドル)なのですが、皮がツルツルなので口当たりがよく、具も挽き肉がぎっしりで、少し香草が使われているのがアクセントとなっていてとっても美味しかったです。想像していたより量が多かったですが、飽きることなくぺろりと食べきってしまいました♪

花蓮は以前にも来たことがあるので、このワンタンが食べられれば満足でした!

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。