2014年08月23日

2015年ダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズのカタログ

2012年にコスタ・ビクトリアの手配をお願いしたきりなのですが、クルーズプラネットからは定期的にカタログが届いていて、どこかに貰いに行こうと思っていた2015年のダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズのカタログが含まれていました♪

2015年ダイヤモンド・プリンセス 日本発着クルーズのカタログ

今年のものに比べるとカタログのページ数が減っているのは、やはりダイヤモンド・プリンセスのみになったことと、クルーズの期間も短縮されたからでしょうね。チャータークルーズの日程も多いため、日程一覧などを見ても少ないなと感じます。


20140822235946511.jpg

そして、クルーズプラネットのチャータークルーズについてのパンフレットも入っていました。チャーター興味ないと言いつつも、阿波踊りに特別観覧席があったり、ダイヤモンド・プリンセスの乗客で連を結成して阿波踊り踊るオプションがあるようでごく楽しそうです・・・あ、かなり乗りたくなってきて、阿波踊り踊ってみたかったりしますw

チャータークルーズは評判イマイチですが、やっぱり日本の旅行代理店は企画力あるよなーと感心しています。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






posted by カシス at 08:00| Comment(6) | TrackBack(0) | プリンセスクルーズ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ねぶたの次は阿波踊りと来て、結果的には、また日本船3隻の定番クルーズに割り込む形となりましたね。
 
 料金がお高い日本船はどう対処していくのかが興味の焦点、もう旧態依然の「日本食」「大浴場」「おもてなし」3点セットでは太刀打ちできないかとおもいますけど、日本船にとってはありがたい外国船アレルギーなる団塊の世代の方々が結構おりまして、来年も結局なんとかなってしまうのでしょう。
 プリンセス贔屓としては、チャーターですが食指が動くクルーズであることは間違いないです。
 あの設備で、1泊当たり2万円台ですからチャーターだから若干高めといっても許容範囲ですね。
Posted by たかりん at 2014年08月23日 21:05
これは、カシスさんたかりんさんの仰るように
良く練られた食指の動くクルーズですね。

私は団塊の世代ですが、外国船ではなく日本船
アレルギーです。美食の船との宣伝文句に乗せ
られての初クルーズでしたが、とても美味しい
とは思えず、こんな料理を美味しと言う連中は
家で手作りの料理なんか作った事ないのでは?
料金は高い・飯は不味い・船は揺れるの三重苦
でした。

プリンセスに乗って、外国船はダメだ飛鳥がいい
にっぽん丸がいいと、仰る方がいて吃驚しました。
よく考えると、日本船って日本の村社会の縮図の
ようです、村の中にいる連中は長の元、いつもか
まって貰って心地よく、よそ者には冷淡。だから
自分がかまって貰えないと、不満を色々言う。
私なんか、余りかまって貰えないから心地よいので
すがね。

外国船との競争をものともせず料金を値下するどこ
ろか、値上する経営感覚の鋭さ??恐れ入りやした。
日本船の悪口ばかりを言っていると女房から、そうは
言っても「あんた、商船三井の株主でしょう!」オット
そうでした、失礼致しやす。
Posted by 老兎 at 2014年08月24日 10:07
たかりんさん

やっぱりたかりんさんもこのクルーズ気になりましたかー。
プリンセス好きとしては、あの設備にステイしながら、
日本の夏を満喫できるツアーができるのがいいなと思います。
私なんかそもそも日本船とは無縁なので知らなかったのですが、
阿波踊りと熊野の花火は日本船の定番なんですね!

私は今、すごく小笠原諸島に行きたいのですが、
日本船は高いし、おがさわら丸も高いし、
是非海外船に乗り込んできて欲しいのですが、
ついでに寄港できる海外の港がないので無理でしょうね。
Posted by カシス at 2014年08月24日 22:53
老兎さん

クルーズプラネットのコースは本当に魅力的です。
早期割引の案内も入っていたので、少し迷いつつも・・・
やっぱり来年は地中海クルーズに行きたいかなあ。

確かに日本船至上主義な方って多いですよねー。
私は運良く4月のダイヤモンド・プリンセスでは、
そういった乗客には遭遇することなく、
またプリンセスの船に乗りたいわーと言ってる人ばかりでした。
日本船に乗ったことない人が多かったからかもしれません。

美食の船・・・料理イマイチなんですか。
私、日本船に乗ったらとても美味しい食事が食べられると思ってました。
日本食はいらないけれど、日本人の口に合ったフレンチとかが出るのかなと。
だったら、背伸びして日本船に乗らなくても、
プリンセスとか海外の船で回数を楽しもうと思います♪
Posted by カシス at 2014年08月24日 23:07
みなさまコメントありがとうございます。

老兎さん、商船三井の株主さんでしたか。実は私もそうなんです。
 以前は、よく使って国内クルーズ行っていましたが、カシスさん贔屓のプリンセスの魅力にはまり、このところご無沙汰です。航空会社の株主優待券は結構な値段で売れるのですが、さすがマイナーなクルーズ優待券、二束三文でも売れないのでいつもゴミ箱行きですね。
 
 「美食の船」についてはそのとおりで、もうキャッチフレーズにはならないと思います。
 ヘッドシェフが変わるたびに、質、味ともに下降線をたどっています。鹿児島黒毛和牛ハンバーガーもどんどん小さくなり、今はプリンセスのアフタヌーンティーで出されるスコーンより少し大きいぐらいになったそうです。これが1泊4万円を超す「極上の船旅」とは言えません。
 
 カシスさん、小笠原クルーズはカーニバルジャパンに提案してはいかがですか。
 2隻同時投入して一気に日本船の乗船客を取り込もうとしていた目論見は早2年目で大きく崩れました。今年の日本発着はTVの宣伝費も含めたらホント大赤字だったと聞いております。
 巨大外国資本お得意の大浴場に寿司バーそして日本食の提供と大胆なハード面で改修は終わったので、日本人のニーズにあった、コースの開拓とかそろそろ細かいところに対して真面目に考える時期に来ているのではないかと思います。
 
 2015も、1隻体制にしてはコースに魅力がないというか、リサーチ不足だなと感じました。
 
 
Posted by たかりん at 2014年08月25日 08:21
たかりんさん

小笠原はテンダーボートでの上陸となるようですが、
寄港地のキャパシティを考えると大型船は絶対無理なので、
パシフィックかオーシャンプリンセスを連れてきてもらって、
日本〜小笠原〜グアムあたりのクルーズを設定してくれたら嬉しいですけど、
小型船なのでもれなく料金が跳ね上がるでしょうね(^_^;)

今年のコースではサン・プリンセスの
奄美や石垣島に行くコースがすごく魅力的でしたが、
来年はないのでダイヤモンドだと大きすぎなんでしょうね。
日本を回るならサン・プリンセスがサイズ的に良さそうですが、
泉の湯を作った以上、今後もずっとダイヤモンドでしょう。

たかりんさんも商船三井の株主さんなんですね!
私はリーマン・ショックの後にカーニバルの株価が下がって、
1あの時に買っておくんだったなーと軽く後悔しています。
Posted by カシス at 2014年08月27日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。