2014年08月27日

名前は異なれどイベント会場となるラウンジ(2013年東カリブ海クルーズ / ロイヤル・プリンセス船内)

さて、ロイヤル・プリンセスの船内施設は一気にDeck7 Promenade Deck(プロムナード デッキ)まで下ります。ここのデッキは船内施設のみで、キャビンはありません。

royalprincess_promenade_deck7.gif
cruisecritic.comより引用(クリックすると拡大します)


ビスタ ラウンジ on ロイヤル・プリンセス

デッキの船尾にあるのがイベントなどで立ち寄ることが多いVista Lounge(ビスタ ラウンジ)です。2004年以降に就航したプリンセス・クルーズの客船では、同じ場所にある施設がClub Fusion(クラブ フュージョン)でしたが、それ以前の客船にある施設名に戻っていました。

名前は異なれど、ステージがあって、お酒を飲めるバーがあって、色々なイベントに使用されているなど施設のコンセプトはほぼ一緒です。


ビスタ ラウンジ on ロイヤル・プリンセス

ビスタ ラウンジ on ロイヤル・プリンセス

ちょうどビンゴが開催されていました。最初の頃はビンゴにはまっていたので、読み上げられた番号を塗りつぶすための専用スタンプが・・・先日片付けをしていたら出てきました! 次のクルーズに持参して、久々にビンゴに参加してみようかなーと思いつつも、今となってはそんなスタンプ使わないかもしれないですね(^_^;)

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






この記事へのコメント
施設のコンセプトは同じでも、名称は個人的にはビスタラウンジの方が好きです。クラブフュージョンですとなんかディスコを連想してしまいます。

 ビンゴ用スタンプ、私も持っています。
 けれど・・・・・ビンゴはここしばらくご無沙汰というか、おそらく今後もやらないと思いますね。今はスロットオンリーです。
 理由は2つ。まず、日本船のビンゴと異なり勝者は1名の賞金総取り。これがどうも射幸心を全然煽らない。
 次は、参加者数により賞金額が違ってくる。
 最初、香港〜のサンプリンセスに乗りましたが、陽気なオーストラリア人と真剣勝負の中国人の参加が多くて賑やかでなかなかの賞金額でした。ところが日本発着になったとたん、ホント参加者が激減(これが本来の姿かも)して、騒ぐこともなく静かに淡々と進み全く面白くない。
 ということで、オープンしている日は毎晩カジノで遊んでいます。浮気は一切せず同じマシーンに毎晩かじりつきという客は少ないようで、カジノスタッフにはもう完全に覚えられました。
 カジノスタッフは初日の乗船時に乗船客エレベーター誘導の担当なのですが、皆挨拶してくれます。
 プリンセスはリピーターがとても多いですけど、カジノスタッフ全員がお知り合いというゲストはかなり珍しいみたいで、100泊を越すエリートメンバーの方々から俺たちより有名だね、とよく言われます。
Posted by たかりん at 2014年08月27日 20:53
たかりんさん

私、友人の結婚式や職場のビンゴ大会なので、
1番とったことが数回あるのに、船内では全然ダメです。
まあ、ルールが違うので仕方ないのですが、
賞金1000ドルのゲームがないなら、私もカジノにします。

私は入り浸るほど資金がないのですが、
船酔い対策にはカジノで遊んでいるのが一番なので、
船が揺れている時ほど、スロットマシンに興じています。
カジノスタッフと顔見知りになるとは凄いですね!
でも、日本人は少なそうだから尚更目立ちそうですね。
Posted by カシス at 2014年08月27日 23:37
 ギャンブル依存症ではありませんが、現金が賭けられない日本船の子供カジノでは、やはり楽しめません。クラブフュージョンでホースレースをやっていましたが、やはり当たり馬券は現金で帰ってきますから興奮しますね。

 でもカジノ法案には反対です。クルーズ船のカジノだから良い雰囲気の中で楽しめるだと思います。カジノも客層が悪くなれば、紳士淑女の社交場ではなく単なる賭博場になってしまいます。
Posted by たかりん at 2014年08月28日 19:54
たかりんさん

木馬レースやってましたか?
あれって、初めて見た時は意味わかりませんでしたw
私が乗船時のダイヤモンドでは見かけませんでしたが、、
たかりんさん乗船時には開催されていたんですね!

日本人はギャンブル依存症=パチンコ依存症が多いから、
国内にカジノできても入れないかもとか言ってますね。
私はカジノ好きですが、そもそも資金がありませんから、
船内で1セントから賭けてるので十分です!
Posted by カシス at 2014年08月30日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。