2015年10月10日

ドーンプリンセス、2017年 P&Oオーストラリアへ


ドーンプリンセス.JPG

プリンセスクルーズ、2017年に就航予定の新造船はロイヤル/リーガルクラスのようで大型化する一方で、昨年の小型船オーシャンプリンセスに続き、中型船のドーンプリンセスもプリンセスクルーズから離れることが決まったようです。以下、Webクルーズの引用となります。


2015/10/08
カーニバル・オーストラリアは8日、現在オーストラリアを基点に就航しているプリンセス・クルーズの「ドーン・プリンセス」(7万7000トン)を、2017年5月にP&Oクルーズ・オーストラリアに移籍させると発表した。P&Oクルーズ・オーストラリアの就航船中最大客船となる。

プリンセス・クルーズは2017年、オーストラリアにゴールデン・プリンセス(10万8000トン)、サン・プリンセス(7万7000トン)、シー・プリンセス(同)を配船予定。

カーニバル・オーストラリアのアン・シェリーCEOは「オーストラリアは世界最速で成長しているクルーズ市場。オーストラリア最大のクルーズオペレーターとして、この地域での存在感をさらに高めることができてうれしい」とコメントしている。2017年のアイテナリーと移籍についての詳細は後日発表予定。

ドーンプリンセス、2009年に横浜に寄港した際も見に行きましたし、写真は2007年にメキシカンリビエラクルーズ時に遭遇した時のものです。おそらく乗船しないまま移籍となりそうです。同じ名前の新造船ができることを期待しようかな・・・。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅


posted by カシス at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | プリンセスクルーズ最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ドーンプリンセス」がプリンセスフリートからさよならとは寂しい限りです。

クルーズ業界もボランティアではなく利益追求企業の集まりですから致し方ないとは思いますが、今回のドーンの移籍、ロイヤルクラス第3船の中国就航とプリンセスおまえもか・・・と言いたくなるようなニュースばかりなのは少し気がかりです。
Posted by たかりん at 2015年10月11日 08:31
カシスさん今日は!

P&Oはホーランドのラインダムとドーンプリンセスを船隊に加えるのですね。日本では馴染みがないですが、ダイヤモンドでご一緒したオーストラリアの方は、よく利用されているそうです。エンタテイメントはP&Oが良いが、食事はプリンセスが断然良いそうです。オーストラリア人には、質より量と笑っていました。

Posted by 老兎 at 2015年10月12日 15:46
たかりんさん

中型船がなくなるのは寂しいですよね。
ロイヤル/リーガルの姉妹船となる3番目の船が
マジェスティックプリンセス・・・

プリンセスっぽくない品のない名前なのは、
大陸文化に合わせたと理解していいのでしょうかね。
Posted by カシス at 2015年10月15日 23:52
老兎さん

お帰りなさい!
リポジショニング・クルーズいかがでしたか?
P&Oオーストラリアには、プリンセスクルーズを
離れた客船がよく配船されているんですよー。

オーストラリアクルーズもすっかり定着したようで、
時差がなく移動が楽なので一度乗船してみたいと思っています。
Posted by カシス at 2015年10月15日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。