2016年03月07日

急性胃腸炎に負けずバリ島へ移動

インドネシア旅行4日目はジョグジャカルタからバリ島へ移動する日だったのですが・・・早朝から強烈な腹下しに見舞われまして、途中からは吐き気も加わり、外国人観光客がインドネシア旅行中に見舞われる急性胃腸炎(通称、バリ腹)に罹ってしまいました(ToT) 日本ではノロウイルス対策を万全にしていたのに、異国で同じような症状に罹ってしまうとは・・・。

不幸中の幸いだったのが、元々朝8:00過ぎのフライトを予約していたのが、航空会社の都合でお昼過ぎに時間が変わっていたので、とりあえず体内のものがほぼ出切った=症状が落ち着いたところで、バリ島への移動を強行することにしました。実際、病院とかに行くにしても、ジョグジャカルタよりバリ島の方が英語が通じる病院とかありそうですしね。

エアアジアインドネシア A320.jpg

上下からの症状は収まったものの、半端ない脈の高い状態で、フラフラになりながら搭乗したのに、それでも写真を撮ることは忘れないブロガー根性を発揮してみましたが、機首の部分が切れた写真になっていました。

ちなみにガルーダ・インドネシア航空の国内線だと2万円以上だったのですが、LCCのエアアジア・インドネシアは8,000円くらいでした。


デンパサール空港.jpg

機内で体調悪化したら、それこそどうするか・・・という不安も少しはあったのですが、実際はほとんど寝ている間に無事にデンパサール空港に到着していました。

とりあえず空港内の売店でポカリスエットを買い込み、滞在先のスミニャックまではタクシーで移動し、到着後はもう翌朝まで倒れるように寝ていました。睡眠=最高の治療のようで、翌朝には脈も正常に戻るし、食欲も出てくるしという感じで、腹下しが残る以外はほぼ回復しました!

バリ島で買った整腸剤.jpg

そして、インドネシアの胃腸炎は下痢止めを飲んではいけないとのことで、近所の薬局で整腸剤を買ってきて飲み続けました。日本では定番のビオフェルミンがなかったので、スマホで英語を見せつつ探して貰いました。

ちなみに整腸剤&自然治癒力で腹下しが完治したのは、もう年が変わり仕事始めを迎えた頃でした。会社に出勤したら治るなんて、実は私って仕事人間=社畜なんでしょうか(-_-;)

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






posted by カシス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。