2017年06月27日

乗船初日から美味しいディナー

さて、いよいよクルーズの楽しみの1つである、ディナーです。アヴァロン・パノラマでは、ほぼ毎日18時30分からディナーが始まり、席は完全な自由席なので、空いている席はどこに座っても構いません! ディナーは、前菜とスープ、メイン料理にデザートという構成で、ドリンクも基本的に追加料金がかかりません。私は下戸ですので、毎日スパークリングウォーターを飲んでいましたけどね(^^ゞ

クルーズ1日目のディナーメニューは下記をご参照ください。
https://goo.gl/tRrp2f

Avalon Panorama クルーズ1日目のディナー (2).JPG
前菜:Hortobagyi Palacsinta
Hungarian Pancakes with warm minced pork meat and paprika sauce

ブダペスト出港の日ということで、この日はハンガリーの料理がありました。これは、パンケーキ・・・というよりはクレープ上の生地で豚ひき肉を包み、パプリカのソースをかけたものでした。乗客数が少ないからこそ出せるような手の込んだメニューでなかなか美味しかったです。

Avalon Panorama クルーズ1日目のディナー (3).JPG
スープ:Beef Consomme
Clear soup with plum tomatoes, beans and rice

続いてコンソメスープ、こちらは日本でも飲みなれた味ですね。トマトが入っているというのがちょっと意外でしたが・・・


Avalon Panorama クルーズ1日目のディナー (4).JPG
メイン:Eszterhazy Rostelyos
Hungarian beef sirloin with carrots, celeriac, onion sour cream sauce and paprika rice

メインはハンガリー産牛肉のサーロインステーキでした。午前中の国会議事堂ツアーの時のガイドさんが、「牛肉はイマイチ」と言っていたのですが、普通に美味しかったです。

写真に撮りそびれたのですが、母が食べたのはなんとナマズ!!! なのですが、これも普通に食べやすい白身魚でした。

デザートは、アメリカ系クルーズラインの激甘スイーツを警戒して・・・

Avalon Panorama クルーズ1日目のディナー (5).JPG
デザート:Ice Cream cup "Peach Melba"
Vanilla ice cream with peaches and raspberry sauce

バニラアイスに桃とラズベリーソースをかけた「ピーチメルバ」にしました。適度な甘さで、アイスクリーム好きとしてはお替わりしたいくらい・・・

と思っていたら、なんと頼んでもいないのにもう一皿、デザートが運ばれてきました!!

Avalon Panorama クルーズ1日目のディナー (1).JPG
デザート:Gundel palacsinta
Hungarian crepes stuffed with rum raisins and nut cream, with warm chocolate

ウェイターの男性が「これは是非食べて欲しいデザートなんだよ!」と勧めるので食べてみたら、ラムレーズンとナッツのクレープにチョコレートソースをかけたもので、とっても美味しかったです。

チョコレートソース=激甘と判断して頼まなかったのですが、アヴァロンの食事は量も多くなく、味付けも大味でなく、しかも寄港地に因んだメニューが中心でこれまでのどのクルーズよりも美味しかったので、「クルーズのディナーに期待してはいけない」という認識を捨てて、色々なものを食べた方がいいなと思いました!

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






posted by カシス at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 2017年ドナウ川クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

カシスさん 今日は

うむー、こんな美味しそうな料理を出されると確実に太ってしまいますね。(笑)
スパークリング水で思い出しましたが、フィレンツェで、宿のオーナーに教えて
もらったのですがベッキア宮殿の横に、無料でガス入りとガスなしの水を汲める
所があり、仕組みはどうなっているか分かりませんが、地下水で美味しく1週間
毎日、家内が料理を作っている間、水汲みに行ってました。

ウフッツイ美術館は最高でしたが、街そのものは人が多く喧しくどの小道も人で
溢れ、もう辻邦生が小説で描いたフィレンツェではありませんでした。実際
スーパーでお会いした、8年前にも来たと言う日本人の方も街の変貌ぶりに驚い
ていました。期待が大きかったのですが、もういいやと思っています。
Posted by at 2017年06月28日 08:46
カシスさん 今日は

うむー、こんな美味しそうな料理を出されると確実に太ってしまいますね。(笑)
スパークリング水で思い出しましたが、フィレンツェで、宿のオーナーに教えて
もらったのですがベッキア宮殿の横に、無料でガス入りとガスなしの水を汲める
所があり、仕組みはどうなっているか分かりませんが、地下水で美味しく1週間
毎日、家内が料理を作っている間、水汲みに行ってました。

ウフッツイ美術館は最高でしたが、街そのものは人が多く喧しくどの小道も人で
溢れ、もう辻邦生が小説で描いたフィレンツェではありませんでした。実際
スーパーでお会いした、8年前にも来たと言う日本人の方も街の変貌ぶりに驚い
ていました。期待が大きかったのですが、もういいやと思っています。
Posted by 老兎 at 2017年06月28日 08:56
老兎さん

お帰りなさい!
フィレンツェはちょっと残念だったのですね。
私はまだ行ったことがないので、期待値高めなんですけどね。
無料で飲める炭酸水、すごく気になります!

クルーズでこんなに食事が美味しいのは驚きでした。
太らないようにとにかく毎日歩いていました。
でも、こんな贅沢な船旅はこれが最後だろうなーと思います。
Posted by カシス at 2017年06月30日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。