2017年07月18日

ウィーン市内観光

ドナウ川クルーズ3日目、午前中は船会社主催の無料バスツアーでウィーン市内観光へ行きました!

ドナウ川クルーズ3日目 ウィーン市内観光 (1).JPG

市内中心部をバスで一周した後、ホテル・ザッハーの近くでバスを降り、まずは王宮周辺を見学しました。ウィーンに来るのは10数年ぶりでしたが、何となくの位置関係を覚えているものだなーと。

ドナウ川クルーズ3日目 ウィーン市内観光 (2).JPG

王宮周辺を散策した後は、シュテファンプラッツまで歩いて向かいます。アールヌーボー風の建築があったり、ガイドさんと一緒でないと気づかない新発見もありました! 写真は聖ペーター教会です。


ドナウ川クルーズ3日目 ウィーン市内観光 (3).JPG

そして、ゴールのシュテファン大聖堂です。ここで一旦、1時間弱の自由行動となりました。何度来ても、ファインダー内にすべてを収めるのが大変なとても大きな建築です。そして、いつ来てもどこかしら修復作業中な気がします。

↓ ブログランキングに参加中! ポチ!ポチ!っと応援していただけると嬉しいです ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 人気ブログランキングへ  携帯からは→旅行ブログ 船旅






posted by カシス at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 2017年ドナウ川クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カシスさん 今日は

私の泊まった宿は、シュテファンの真向かいでカーテンを
開ければ、目の前に大聖堂が見えるとてもいい場所でした
が、真夜中から朝方まで毎日、若者や酔っ払いが騒ぎ、
パトが出動するので、夜の治安は良くないようでした。

メルケルの移民政策のおかげでウィーンも、とばっちりを
受けている感じがします。トラムの中ではムスリムが憚る
ことなく大声で電話をし、静かな通りを歩いていると玄関
から、ムスリムの女性が出てくるなど、現地に溶け込むな
ど考えてない、移民を将来どうするのですかね。

ベルギーのように、昔からの住民が逃げ出し警察権の及ば
ない、ムスリム地区が出来るのではと懸念しています。

Posted by 老兎 at 2017年07月19日 16:38
老兎さん

ウィーンは、ヨーロッパの中では比較的治安のいい街だと思っていましたが、
最近はそうでもないんですね。
ハンガリーの日本人ガイドさんが、
「ハンガリーには難民は留まらないです。潤ってないので」
と言っていたので、やはり旧西側の国を目指すんですね。

ドイツの移民問題については、
ドイツで乗車したタクシードライバーが詳しく教えてくれました。
その方は移民に対して排他的な考えはしていませんでしたが、
治安への影響は大きいですよね。
Posted by カシス at 2017年07月20日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。